So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

鍋焼きラーメン千秋@高知市

2017-11-20T18:44:15.JPG

ラーメン遠征、高知編です。
こちらは高知駅前にあるラーメン屋ですが、高知市名物ではなく、須崎市名物の鍋焼きラーメンが食べられるお店です。

本場須崎の鍋焼きラーメンを食べたことがないので、ここのラーメンが正しいのかどうかは知る由もありませんが、見た目としては本場とほぼ同じっぽいです。

須崎鍋焼きラーメンに共通する特徴は、あっさり醤油でアツアツ、麺は細麺で、具にちくわと生卵とネギが入る、のあたりのようです。

個人的には鍋のシメのラーメンは結構好きなので、そのイメージでしたが、ちょっと違ってました。

鍋のシメのラーメンがなぜ好きかというと、ダシを吸い込んでクタクタになった麺が好きなのと、鍋の残り汁の煮詰まった凝縮スープが好きなのですが、そのどちらとも違っていて、麺はコシがあり、スープはクリアですっきり。

となると、鍋のシメというフィルターを除いて、通常のラーメンとしていただくモードになりますが、ラーメンとしては非常に単調でパンチがなく、あまり好きになれそうにありませんでした。

また、徳島ラーメンとかもしかりで、生卵を入れるのもそんなに好みじゃないので、色々嗜好に合わない感じでした。

野菜たっぷりのベジポタスープ、もしくは濃厚魚介スープに、中太麺がクタクタになってる感じならいいんだけどなあ。。

評価:2.3点/5.0点中
nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -