So-net無料ブログ作成
つけ麺 ブログトップ
前の3件 | -

舎厘@池袋 [つけ麺]

2017-09-15T12:09:10.JPG

池袋東口のドンキの裏です。 平日昼11時半でそれなりにこんでます。 カウンターとテーブル席とあって、こぎれいで洒落てる感じなのが入りやすいです。 つけ麺並盛味玉付きです。 割りスープがカウンターのポットに入ってる方式です。いちいち店員さんにお願いしなくていいので地味に好きです。 メインはつけ麺のようですが、他にも普通の中華そば、油そばがあります。 麺は四角いですが、ワシワシしすぎず、全粒粉のつぶつぶもなくつるっとしてます。 スープはドロドロではなく、甘過ぎず、ちゃんとしょっぱい。豚骨度が高いのかややとろっと。割りスープアツアツで美味しい。 具はメンマとチャーシューとのり、味玉。つけ麺の具ってもう少しどうにかならないのかな。食べずらいし合わない。 並盛と中盛悩みましたが、並盛味玉でぎり飽きないバランスでした。 個人的な好みですが、あまりつけ麺てリピートしたくならない、、、 ここは六厘舎の系列なんでしょうか? 六厘舎ブランドの七味が置いてありました。 評価:3.0点/5.0点中

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

舎鈴 丸の内店@大手町 [つけ麺]

image1.JPG

大手町〜丸の内のオフィスビル地下の飲食店街にあるラーメン屋です。

「舎」という文字でなんとなくそんな気はしましたが、六厘舎の系列店のようです。

六厘舎はかつて大崎にあつたころは伝説化してましたが、そもそも類似店が増殖したこともあり、東京駅に移ってからは普通のつけ麺屋というのが個人的な印象ですが、果たしてその系列店はどうなのか、チェックしてまいりました。

この店のポイントは多様なメニューで、海老つけ麺や坦々つけ麺など変わり種が色々あります。

ですが、とりあえず初訪ということもあり、基本のつけ麺にしてみました。

うん、普通です。。
ごく標準的な豚骨魚介つけ麺。

久しく六厘舎も行ってないので、本家がどうだったか記憶は定かではないですが、普通に美味しいことは美味しいのですが、巷に増殖したつけ麺屋と比べると、はっきり言って薄いです。

このシャバシャバ感は「TETSU」とも通ずるものがあり、完全にビジネスとして割り切ってるな、、という印象しか感じません。

もちろん商売なので理解はできるのですが、それでも人気店のブランドで商売をする以上、その期待にきちんと答えないと不誠実ではないでしょうか。

一風堂やなんつっ亭や麺屋武蔵の多店舗展開はクオリティを維持したまま微妙なバリエーションがあって、それはそれで面白いと思います。

ひどいのはTETSUです。TETSUは店舗を増やしすぎていることもあるのでしょうが、クオリティの劣化がえぐいです。

六厘舎には同じ轍を踏んで欲しくない思いはありますが、どうなんでしょうか。。ジャンクガレッジは好きなのですが、舎鈴はいかがなものかと。。

個人的な意見としては、多店舗展開しているけど、常に魅力的なのはなにげに「つじ田」です。

なんとなく楽しんでやってる感があり、異なるジャンルのラーメンでも随所にセンスが見え隠れして、次の展開が楽しみです。

評価:2.9点/5.0点中
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大勝軒まるいち 渋谷店@渋谷 [つけ麺]

image1.JPG

渋谷の渋谷警察裏にある大勝軒です。
以前明治通り沿いに大勝軒がありましたが、そちらは閉店し、移転というわけではなく別の大勝軒が新たにオープンしたようです。

大勝軒は山岸氏の葬儀の際にも話題になっていましたが、なんとか系というのがいくつかあるみたいで、その辺の事情は全く詳しくないのですが、当たりハズレがあるのは前から感じてました。

大勝軒ファンではないので、大雑把な印象ですが、ハズレ店はスープにコクがなくて、シャバシャバの感じ。

そもそも大勝軒のラーメンは個人的には紙一重な印象で、近年のラーメンのように極端な魚介味や極端なドロドロというわけではなく、全体に甘いのと麺の量が多い特徴を持ちつつも、基本的にはバランスで成り立っているため、お店によって差が出やすいように思います。

ただそれもなんとなく美味しい、なんとなく美味しくないという微妙なさじ加減の話なので、うまく表現しづらいのですが、「まるいち」はなんとなく美味しい気がしてます。

たぶんですが、若干こってりした印象があるので、脂が多かったりするのかもしれません。
ここ渋谷店も安定感のあるこってりめの大勝軒の味でした。

大勝軒自体久々だったので、「あー大勝軒の味だ」とは思いますが、他のお店と比べて圧倒的に美味しいというわけでもない、いつもの大勝軒。

「普通に美味しい」という表現がまさにぴったりのまあまあな味なのですが、それでも年に1回ぐらいは食べたくなるのが不思議です。

評価:3.0点/5.0点中
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - つけ麺 ブログトップ